駐車場に利用できる土地

低層階の建物だけしか建築できない住宅地では、一戸建てが建築されることが多い一方で、駐車場としてのスペースが少なくなる傾向があります。一戸建ての敷地内に、二台分の駐車スペースを設計している新築一戸建ては多いですが、築年数が三十年を超えている一戸建ての多くは駐車場は一台分です。夫婦それぞれがマイカーを利用するには、駐車場を借りる必要が出てくることも多いです。低層階が中心の住宅地では、土地の有効活用法として賃貸経営を検討すると良いでしょう。低層階の建物といえば、木造建築の二階建てアパートが賃貸経営では主流ですが、建物を建築せずに土地のままで利用する方法もあります。駐車場として賃貸経営するときは、舗装面に仕上げるか、砂利を敷くかを検討すると良いでしょう。排水性を良好にするのがポイントですから、舗装面に仕上げるのなら側溝や排水管の整備をして、砂利を敷くなら砂利の流出を防止する対策を検討しましょう。住宅地は駐車場の確保が困難な傾向にありますので、賃貸経営で駐車場を検討するのは効果的です。ただし月極契約を基本にすることが多いので、コインパーキングにしたい場合は、専門家による利用予測を参考にしながら検討する必要があります。

墨田区の土地をご提案致します。 4010 6/4

Copyright ©All rights reserved.駐車場に利用できる土地.